職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方のページを説明


知らないから落ちる面接の4点減点法


2009年04月29日

職務経歴書の書き方

よろしければ励みになりますので応援していただければうれしいです。


にほんブログ村



人気ブログランキングへ


職務経歴書


10年前の転職とは違って今は職務経歴書というものを書いて提出するのが必須になっています。


職務経歴書っていってもどういうことを書いていけばいいのか分からないと思います。


書類は大体A4用紙で2〜3枚程度です。


1枚目は自分が今まで会社でしてきたことを書いて2枚目以降はアピールポイントや実績を書くようにしました。


重要なのはどういう職務を行いどのように職務をやり遂げてきたかということを簡潔に書くことです。


だらだら長文を書くと書類選考の時点で落とされます。


なぜかというと前に書いた【相手からの発想法】を思い出してください。


面接官は100人くらいの書類に目を通さなければいけません。


それでだらだらと長文を書いていたら途中で文を読むのをやめてしまう可能性が高いです。


アピールしたいのは分かりますが詳細にアピールするのは書類選考を通ってから面接の時でよいのではないかと思います。


職務経歴書の作成で是非活用したいのはエージェントや転職サイトの無料相談です。


これは絶対に利用してください。


なぜなら彼らは何百人の書類に目を通しています。


また客観的に転職志望者を見ることができるからです。


そうすると効果的に職務経歴書が作成できます。


職務経歴書をサポートしてくれる求人サイト

リクナビ
エンジャパン
DUDA


それと1回職務経歴書を作成しても後から改良を加えてください。


僕も経験したのですが書類を作成しても書類選考に通過しませんでした。


で、エージェントに相談するとやはりダメなところを指摘してくれます。


1回、エージェントと作成しても他のエージェントから見たらまだまだ不足している部分や書いてはいけないこと、だらだら書いていることもあると言うことです。


そういう見直しをしていってから書類選考通過率があがるのです。


書類選考がなかなか通過できない人、もう1回書類の見直しをされてみませんか?


次は具体的な例を上げていきます。




私が使用して1次、2次面接が通過率

100%だったマニュアル



【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法


私はこのマニュアルを使って5社受験しましたが1次面接、2次面接の

合格率は100%でした。



最終面接で2社落ちましたが内定3件獲得。(2009年4月)



このマニュアルは

●採用者は面接で一体何を言っているのか?

●不採用者が圧倒的に勘違いしている「面接の仕方」とは?

●面接官が聞きたい自己PRと、どうでもいいと思われる自己PRとは?

●どんなに作りこんでも全く意味がない志望動機とは?



面接官の立場で書かれており

転職者の盲点をカバーできるマニュアルです。



面接の準備、準備する時の着眼点、面接時の態度、

面接後にあなたの取るべき行動が書かれています。



エージェントも「そこまでしますか!」と

驚いた内容。



興味のある方はコチラ↓を覗いてみてください。

文例集付きマニュアル

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法



私はこのマニュアルを実際買って使いました。

使った感想の記事はコチラです。

面接対策


30代,転職TOP目次次のページ




posted by ケン at 04:01 | 履歴書と職務経歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。